モロッカンオイル(アルガンオイル)

#洗うたびに植物の力を

ハーバルエッセンスのモロッカンオイル シャンプー&コンディショナーには、ロンドンのイギリス王立植物園の植物研究者たちが認めた本物のモロッカンオイル(アルガンオイル)が含まれています。

モロッカンオイル(アルガンオイル)は「黄金の液体」と呼ばれることがあります

モロッカンアルガンオイルとは?

バージンアルガンオイル(モロッカンアルガンオイル)は、アルガンの種実を低温圧搾(コールドプレス)してつくられる希少なオイルです。

アルガンオイルはもともとモロッコが原産で、何世紀にもわたり女性たちの主な美容法の1つとして使われてきました。実際、アルガンオイルの天然のビタミンは貴重なものとされ、肌と髪に対する保湿効果と栄養分があるといわれています。

そのため、アルガンオイル(モロッカンオイル)は「黄金の液体」と呼ばれることがあります。

アルガンオイルの産地について

アルガンの原産地はモロッコの南西部で、森で育ちます。実は、アルガンの森は砂漠の進行を食い止めるバリアの役割を果たし、土壌浸食を防ぎ、水源を守っているのです。

それゆえ、アルガンの森は貴重なエコシステムであり、1998年からUNESCOの生物圏保護区として認定されています。

この森では、ヤギが木を登るという素敵な驚きの光景を目にします!ヤギはおいしい果実を食べるためにアルガンの木に登ります。
アルガンオイルはかつてヤギが食べ残した木の実や種から抽出されていました。現在では、他の果物と同様に直接木から収穫されています。

アルガンは用途の広い植物です。実が収穫されると、まず乾燥させてから抽出の過程に進みます。そして種実を割って圧搾し、新鮮なオイルを抽出します。

抽出されたアルガンオイルは料理と化粧品の両方の目的に使用されます。アルガンオイルに加えて、プレスの工程で濃厚なアルガンペーストが副産物として生まれ、別用途に使用されます。最後に残った果肉は村の動物たちの食べ物となり、殻は燃やして燃料にします。全く無駄がないのです。